最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012/11/30

Everything's gonna be alright

P1080208

Everyting's  gonna be okay

2012/11/26

車窓より

P1080197

列車の旅
車両から覗く水平線は
少しだけ、わくわくした

2012/11/24

いろはにほへと

P1080115

色は匂へど 散りぬるを

我が世誰そ 常ならむ

有為の奥山 今日越えて 

浅き夢見じ 酔ひもせず


2012/11/18

自然の理

Film

水は高きより低きに流れるもの

2012/11/14

求めないで 優しさなんか

Scan10003

臆病者の いいわけだから

2012/11/11

Fish eye

P1080025

魚の眼で見たらこう映るだろうという人の判断は、それを確認するすべを持たない。
魚の視覚がどのように、魚に認識されているのかなんてどんなに科学が進んでも理解できないはずだ。
ただ、このレンズは少し面白い。

2012/11/04

私が見た山は

P1070963

光を網膜が取り込み、後頭葉一次視覚野で分解されながら連合野で再構成する。
私の脳の中で構築された光の情報である山は、私の中にしか存在しない。
それをあなたと共有はできない。
だけど、共有するふりは出来るだろう。
山にはもう雪が降っていたのだよ。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »