最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 挑戦 | トップページ | 周辺減光 »

2015/06/07

ラプラスの悪魔はそこにいたか?

Untitled_1

現代科学の基礎は客観的思考にあると言えるかもしれない。
然し、主体が対象を本質的に客観視ができるか?
主体が客体を観察しようとしたときにすでに主体は客体に取り込まれ、客体は主体の一部となる。
厳密に主体と客体を分離することは不可能なのだよ。
なぜなら、分析すべき客体は主体である観察者の脳の中に存在してしまうのだから。
そして、ラプラスの悪魔は五感を奪われ、何も見えなくなる。

« 挑戦 | トップページ | 周辺減光 »

New FM2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 挑戦 | トップページ | 周辺減光 »