最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« ラムでも | トップページ | 彼岸桜 »

2016/03/12

ライディングシューズ

P1120101


ずいぶん昔だ。もう、20年ぐらいは前のことだろう。
気の合う仲間で鈴鹿の8時間耐久を見に行った。
解放されたカートコースにテントを張り、そこで何泊かした。
台風がやってきて、慌ててテントをたたんだ。たたむことが遅れたテントが宙に舞っていた。
風も落ち着き、再度テントを張り寝た。
朝には飲み物がなく、乾いた喉を癒すために夜の宴で残ったウイスキーを飲みながら朝食のパンをかじった。
サーキットのショップで見つけたライディングブーツ。
ELFのショート。
あれから何度か転倒した。それでも足だけはこいつが守ってくれていた。

さすがに、もう終わり。ソールも剥げて水も染み込むようになった。

そして、もう僕はバイクに乗らなくなった。

いずれ乗ってやりたいと思いつつ、その機会はもうないかもしれない。

ともかく、このシューズはもう使い物にならない。

考えてみれば、よく頑張ってくれた。
買った時で確か27000程度だったと思う。
充分働いてくれたさ。

想い出は記憶の中に置いておくよ。

じゃぁ。


« ラムでも | トップページ | 彼岸桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラムでも | トップページ | 彼岸桜 »