最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

2008/04/30

分裂

Scanfilm0207

この石、どうやって割れたのでしょうね。

自民党、暫定税率を再可決。

民意を無視していると思います。何万歩か譲って、経済のことを考えてとのことであったとしても、十分な説明をしているとはとうてい思えない。

田舎に住んでいればわかりますが、公共交通機関の乏しい地区では車が生活の必需となります。ガソリンが必需なワケです。

道路ができても有料。ガソリンも高いとなれば、生活が圧迫を浮けるのは田舎ほど激しい。

わかっているだろうに、無視してしまうあたり。

福田康夫が悪いだけではない。

自民党の体質が極悪のように感じます。

自民党なんてこの石のように割れてしまえばいい。

*追記(5月5日)
暫定税率が再可決したときに、自民党幹部が高級料亭で祝杯をあげていたそうですね。
そのときの食事、お酒はさぞ美味しかったことでしょう。
どうせ連休で国民のばか者たちは、苦さを忘れてしまうとそういう風にお思いか?
のど元を過ぎれば熱さを忘れ、来年ぐらいにはこの騒ぎも沈静化するとお考えか?

本当にガソリンの消費量を下げて環境問題に対応しようというのなら、田舎の公共交通機関を何とかすべきだ。
赤字で次々と本数が減っていくバスや電車。赤字を国が補填してくれるなら存続もできるだろう。
国が補填する覚悟で人が少ないところにも電車を通して見ろ。朝も早くから夜遅くまで頻繁に電車やバスを走らせて見たらいい。
そしたら、車でなんか通勤する人も減少するさ。道なんて作らなくていい。

断言してもいいと思うが、自民党のやつらなんて、地域のことなんて本気で考えていやしない。
本気で考えているのは自分の財布の中身を増やすことと、それを正当化する屁理屈だけだ。

馬鹿な国民を酒の肴に、祝杯を挙げた自民党のかたがた。
その食事、旨かったろう。
国民の金を掠め取って喰らう飯と酒はとても旨かったろう。

今度、どのくらい旨かったか教えてくれよ。

2008/04/29

邪推

自民党が暫定税率の復活を願うのは、道路や建築に携わる人たちを守るためだ。

それは、自民党の票を集めるのに大切な人たちだからだ。

彼らを守らなければ自民党は選挙に勝つことができなくなり、政党として成り立ちにくくなると考えているから、彼らの生活を守るために資金を廻して彼らを守ろうとする。

だけど、それは違うぞ。

選挙で問われるのは、いくつ票を集めるかではなく、政治理念であるはずだ。

金でぐちゃぐちゃに癒着してしまった票をアテにしてどうするつもりだ。

地域を守るなんて理屈、詭弁にしかきこえない。

そして、国民を無視して自民党を救った実績を買われ、フクダは陰の実力者になってまた党内に影響力を残すわけだ。

腹立たしい。

2007/12/22

天から下りし者

天下り、馬鹿な言葉・・・。

省庁が「天」
民間が「地」

普通立場が逆でしょ。公僕どもなんだから。

今年も、また厚生労働省が私利私欲のためにうごめく時期になってきた。

相変わらず腹が立つ。

天下りを一切やめるだけで、かなり医療が変わると思うのだが。

彼らが天下る。天下り先はちょっとの間しかつとめることのない無能な金の亡者どもの持つ権力に対して数千万の金を払う。次々とやってくる金の亡者のために準備しなければならない金額は大きなものだろう。

だから、その金額を回収するために商品の単価を上げる。

天下ってきた金の亡者は、うまい汁を吸わせてくれる企業を守るために、かつて在籍していた省の部下を使い、国を挙げてその高価になってしまった商品を購入(あるいは使用)することを決めさせる。

その商品の費用の大半は税金で払うことになる。

結局、彼らの給料だけではなくて天下り先で支払われるばかげた退職金も私たちの財布からとられることになる。

馬鹿な話だなぁ。

国家公務員で給料も一般と比較すれば十分高いのだから。

いったん権力を握ったものは退職後は民間企業へ天下ることは一切許さず、年金だけで盆栽でもいじくっていればいいじゃないか。

年金問題も、結局は公僕どもの無能さ加減を浮き彫りにした事件だった。

血友病患者の事も、私利私欲に目がくらんだ厚生労働省の偉いさんがいかに無能かを証明するには十分すぎる。

給料を支払われているというだけで十分腹立たしいのに、天下りの給料や退職金まで間接的にではあるが面倒を見させられるものの身になって欲しい。

そもそも、天から下ってしまうものは、
悪魔(堕天使)と相場が決まっているじゃないか。

マスコミも悪魔狩りをしてみてはどうか?

2005/03/15

人権擁護法案・・・

政治の話は、あまり得意ではありません。本当は書きたくありません。理解が不十分であることもあるし、何より、政(まつりごと)は非常に苦手です。
が、この話題はそうとばかり言っていることが出来ない様子。

詳しい話は、人権擁護法案絶対反対のサイトに乗っているので参照してみてください。
3月22日加筆:最近、このサイトは僕の理解を超え始めました。出来たら、実際の条文(案)を読まれることをお勧めします。)

人権侵害や差別をなくそうという法案らしいのですが、根本が間違っているように思います。
私たち国民は、今、国会で何を考えていて、国がどういう政策をとろうとしているのかを知る「権利」を有しているはずです。そして、それを知らせずに何かをしようとしているのであれば、国民の知る「権利」をすでに侵害しており、知らせないようにしている行為そのものは国民を差別しているということも出来るでしょう。

差別に関して、基準があいまいであるという疑問が自民党内部でも出てきているようですが、それに対する法務部の返答は「憲法14条に明確に記載してある」というものであったそうです。もしその返答が本当であるなら、馬鹿にするにもほどがあります。憲法14条は差別を禁止しているものの、「差別」の定義はしておらず、明確なのは、法務省が憲法14条に差別に関する記載があるのを利用して、周囲に「差別」が明確に規定されているかのような錯覚を起こさせようとしたことだけです。

今、法務局と自民党が作り上げようとしている、人権擁護法案。
本日づけのニュースによれば、またも見送りになったようですが、まだ廃案になったわけではありません。
公明党などは賛成していたはずですが・・・・

今後も予断を許さない状況ではありそうです。

2005/02/03

インフルエンザと厚生省

最近、週間少年マガジンと言う少年誌で、インフルエンザ脳症の話題が出ている。
それによれば、インフルエンザ脳症は海外でライ症候群と呼ばれるもので、インフルエンザと関わりがあるというより、インフルエンザの時に処方される薬の薬害(副作用)によるものと言う話だ。それがなぜ野放しになっているのかというと、厚生省はその事実を認知しながらも、自らの天下り先である製薬会社の利益を守るために、知らん振りを決め込んでいるらしい。
本当であればかなり腹立たしい話だ。
が、厚生省には薬害エイズという前歴がある。
あの事件も、エイズにかかった人たちの数を見てみれば、かつてあったサリン事件よりたちが悪いのは一目瞭然だろう。

で、調べてみるとライ症候群の話もまんざらうそではないらしい。
こういう情報は、出所(誰が書いたか)と、その人の社会的関係(直接的には厚生省とどのような関わりがあるのか?)というものを分析しないと論文の意図がわからないことが多い上に、医師のあいだには、絶対権力を持つ教授とその派閥との関連もあるので、なんともいいがたいものがある。

厚生省がもっと信頼のおける組織ならいいのだけれど、残念ながら日本の厚生省は信頼すれば裏切られることのほうが多いような気がする。

今日、うちの子が熱を出した。
さぁ・・・・