最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

2007/10/06

久しぶりのグライダー

R0012145

時折飛ばしていたのですが、機体が古くなっていたせいか色々破損するところが多くてもっと気軽な機体を・・・

ということでAngel DLGがやってきました。

まだ重心が出てませんが、飛ぶ感じはそれなりですねぇ・・・

ま、修理がしやすそうなのと、小さいのが良いのでしょう。ちょっとしたときのお供に持ち運ぶことができそうです。

サーマルはつかまえられるかなぁ・・・

2005/06/12

フライトログ 06_12

rimg04426月12日(日) AM6:30~7:00
風速 1~2メートル
天気 晴れ

今日は、DL-AとHL1-EVOの2機を持っていきました。
やや肌寒い感じです。
サーマルはあまり出てないだろうと思いながらもEVOでランチをします。
風のない中、EVOは非常に素直に飛び回りますが、飛行時間は30秒から40秒程度。
素直にDL-Aに変えます。
DL-A、垂直尾翼の動翼の部分をEPPにして、標準より少しテールを切り詰めています。主翼が重くなりすぎたので、重心が取れず、バラストをいれて重くなっていたので、少しだけ変えて見ました。
ちょっと前に投げたときは、ランチ時にきちんとジャイロが働いていないような印象でした。テールを短くしたせいか、EPPの剛性が足りないせいかと考えていたのですが、単純にリンケージが甘かったようです。
リンケージを張りなおして飛ばして見ると、まっすぐ上がって行きます。ただ、強度はやはり不安が残っています。

サーマルがない中、風も凪いでいたのでちょっとしたテストフライトでした。

2005/05/22

サーマルを考える

ここ最近、サーマルにあまり出会いがありません。
朝の7時ごろからあったのが夢のよう・・・
で、考えたのですが、サーマルってやはり地表が温まっていないと出来にくいのかもしれないですね。
朝早くにサーマルに乗れたときの事を思うと、やや曇り加減で夜の間も暖かい日だったような記憶があります。
暖かな状態で、朝、太陽が出てくると、さらに温まった地表が下の空気を暖めて上昇気流となっていくのかと思うのです。
逆に、晴天で夜間、放射冷却のように冷えてしまうと、7時や8時ごろは太陽が出ても冷えた地表がなかなか暖まることが出来ずに、あまり大きなサーマルは発生しにくいのかな?普通に考えると、夜は冷えていた方が、太陽が出てきたときに地表が暖まると大きな気温差となって上昇して行くような気もするのですが、晴れていて夜に冷え込んだときの朝早くは、なかなか思ったとおりにグライダーが上がってくれないです。腕もあるのでしょうけど・・・


地形的なこともあるので、一概に言うことは出来ませんが、とりあえず、印象としてはこんな感じです。
もう少し大気の動きを観察していかないと・・・

2005/05/01

HLGを考えてみると・・・

122_2264a
HLG(ハンドランチグライダー)の世界では、少し前から、SALという投げ方が主流となっています。
何をいまさらという感じですが・・・
で、SALの機体を3機ほどですが、飛ばしてみておもうのですが・・・、
SALの機体はやはり機体の性質上、従来の投げ方(野球の遠投のようなスタイル)の機体より重くなりがちです。垂直尾翼が水平尾翼より下に伸びている特長から、垂直尾翼の下の部分の削れは日常的です。ハンドキャッチが出来ればいいのですが、出来なかったときなど、確実に削れてきます。SAL投げの性質から、翼端のペグの部分の強度もちゃんとチェックしておかないとなりません。

趣味で飛ばしているわけですから、メンテナンスに時間がかかるのは僕としては少し不満なところがあります。
では、サーマルの載りやすさではどうでしょうか?
投げたときの高度は従来の投げ方の高度と比較すればかなり高いことは確かです。上空の強いサーマルにさっさと乗ることは出来ます。しかし、その重さから、地表近くにある小さなサーマルには乗りにくいような気もします。
僕の少ない経験(本当に少ない経験ですが)では、上空に強いサーマルが出ているときは当然、地表近くも結構サーマルが出ています。ですから、そういう時は従来のスタイルでも結構楽しめます。

競技に出るわけではないので、ちょっと飛ばしたくなったときに、さっとグライダーを出して飛ばすという僕のスタイルでは、SALはあまり向いていないような気がしてきているのです。

製作に時間がかかり、メンテナンスも従来のものより慎重にしないといけないSAL。
現在、僕がSAL機に感じるメリットは、風に強いので、ある程度の風が出ていても比較的安心して上空まで上げることができることぐらいです。(まぁ、それはそれで大きいメリットですけどね)
僕にとってのメリットとデメリットを改めて考えると、以前感じていたSALの大きな魅力が、色あせてきているように思いはじめている、今日この頃です。

2005/04/17

今週もサーマル!

20040613
またまたRCグライダーの話です。
今日は、朝の10時前ぐらいにサーマルにヒットしました。
下の子供は寝て、上の子がお母さんと遊んでるときに、ちょこっとでかけさせてもらって・・・(^^;
風はやや強く、4~6メートルぐらい。
気温は朝はすこし肌寒いぐらいだったんですけど、9時を過ぎると少しぽかぽかしてきている感じです。

空を見ながらグライダーを飛ばしている気分は最高に良いですね。

飛ばしている最中に、知り合いが来てしばらく話しこむと、もう帰らないといけない時間。
お昼からはお買い物に行ったりしないといけないので長居は出来ません。
ちょっとした時間に楽しむことが出来て良い一日でした。

写真は、以前、友人が撮ったものです。結構いい写真で気に入っています。
そう言えば、ハンドランチ・グライダーをしているので、時々、「(RC)飛行機を投げに行く」ということがあります。
「飛ばす」ではないところが・・・・

2005/02/13

ラジコン 久しぶりのフライト

yashica0002午前中、みんながうたた寝をしている隙をぬってラジコンを飛ばしてきました。
去年の12月に購入したIMのスーパープロフィールゼロ戦です。EPP素材で壊れにくいというふれこみが気に入って買ったものです。
しかし、EPPは発砲スチロール。瞬間接着剤が使いにくいというところもあり、発泡スチロール用の接着剤を使って組み立てました。
これが失敗。すぐ外れます。特に足。
で、結局、EPPの上からカバーしてあるので、瞬間で十分だろうと言う判断にて瞬間を使って修復しながらの初フライトでした。
結局、足がついていると重たすぎて飛びにくい事に気づき、足を外して飛ばしてしまいました。
とびは結構安定していていい感じ。エルロン、動力付きは初めてだったんですが、問題なく飛ばせます。
スピードが結構遅いことが操作しやすい要因だったように思います。これなら、ちょっと経験がある人なら結構飛ばせるでしょう。
一枚のEPPを補強して胴体とはねにしているので、どうしても強度は不足しているようです。
ループなど、初めて動力付きで経験したにもかかわらず、主翼が万歳しそうになりながらひずんでいるのが目に見て解りました。壊れないと思っているので、安心はしていたんですが、気になるところです。

いつもはハンドランチグライダーばかりだったんですが、動力つきも結構面白いですね。