最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

2013/05/18

大きく 手を広げて

Rimg1628_2

子どもたちを
いだき給え

2013/05/16

生まれ来る子供たちのために

Rimg0018

なにを語ろう

2013/04/29

夢は

Img_0011

家に住んでいる
人の数だけ

2013/04/21

なんだか辛くなった時、

Img_0009_2

さ、何処に逃げよう。
僕の非常口は何処?

2012/05/25

つりびと

000024
この少年は
時間を大切に楽しむことを知っているのではないか

2012/05/23

悪意への対応

000007

悪意を持つものは詭弁を好む

詭弁には
二元論と極論があるようだ

二元論には本質を
極論には中間の大切さをとくと

多くは沈黙するだろう

2009/07/13

もうそろそろ、

000044

夏休みかい?

学生時代を過ぎてもうずいぶんとたつのに、
7月に入ると「夏休み」を感じてしまう。

2009/05/20

すこし

000029

自転車乗ってどこか行きたいなぁ、と言う気持ちが・・・。
当然、今日も仕事・・・


2009/05/19

pandemic

000032

結局、阻止は出来ない

先日まで、関西圏にいたのだけれど。
あんな人口の多いところで、感染者が出れば感染が広がらないということの方が不自然でしょうね。
潜伏期から、まだインフルエンザなのか風邪やそのほかの影響で体の具合が悪いのか分からない状態であれば人は動き回りますからね。
僕の関心は、はじめの一人目の確認。渡航歴のない高校生がなぜ新型インフルエンザの検査を受けることが出来たのかということ。
噂では、以前より季節性のインフルはB型が中心だったため、A型が流行してきた場合新型である可能性が高いと予測していた小児科の先生がおられたとのこと。
それを予測されている先生のところに診察に行ったのかもしれないですね。

さて、こっちの地域に入ってくるのも時間の問題。
もしかすると、僕自身が関西から運んできている可能性も否定できないし・・・。

そんな理由で仕事を休むわけにもいかないだろうし、感染させないよう・しないように注意しながらひっそりと時間を過ごそう。

2009/05/17

さて

000019

いこうか・・・

より以前の記事一覧